スポンサーサイト

--.--.--(--) | EDIT

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

--:-- | Comment(-) | Trackback(-) | PageTop↑

大野慎矢と菅原雄大

2013.04.01(Mon) | EDIT

4月13日(土) 小作 PurPose

¥1000+1drink/1food
20:00スタート

羽村市は小作に新しくできました、PurPoseというお店で演奏します。
ワンマンライブの予定です。



4月21日(日) 高円寺 ペンギンハウス

charge ¥1800+1d open18:00 start18:10

「生半可」亜郎+まきょと+テキサス一万尺
無農薬ローリングカタマリーズオーケストラ
大野慎矢+菅原雄大
「直秀」藤井直貴(vo/g)新城ヒデキ(vo/g)後藤兼次(b)埴崎一郎(per)田中裕之(key)
セブンティーン

大正時代の詩人、山村暮鳥を中心に、詩を奏でます。




太陽はいま蜀黍畑にはいつたところだ

一日の終りのその束の間をいろどつてゆつたりと
太陽はいま蜀黍(とうもろこし)畑にはいつたところだ
大きなうねりを打つて
いくへにもかさなりあつた丘の畑と畑とのかなたに
赤赤しい夕燒け空
枯草を山のやうに積んだ荷馬車がかたことと
その下をいくつもつづいてとほつた
何といふやすらかさだ
此の大きいやすらかな世界に生きながら
人間は苦んでゐる
そして銘々にくるしんでゐる
それがうつくしいのだ
此のうつくしさだ
どこか深いところで啼いてゐるこほろぎ
自分を遠いとほいむかしの方へひつぱつてゆくその聲
けれど過ぎさつた日がどうなるものか
何もかも明日(あした)のことだ
何もかも明日のことだ


山村暮鳥







スポンサーサイト

コメント

PageTop↑

コメントの投稿


プロフィール

二棹弓ノ助

Author:二棹弓ノ助
チェロ、バイオリン弾きの二棹弓ノ助(フタザオユミノスケ)の活動記録、予定、戯言ブログです

(所属バンド)

トラペ座
http://trapezautage.blogspot.jp/

山村暮鳥を唄う
http://youtu.be/cCZBBAsGeV8

biobiopatata
http://biobiopatata.blogspot.jp/

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

来訪者

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。